映画『スイス・アーミー・マン』詳細感想

 

あらすじ

サラというのはハンクが一目惚れした女性の名前であった。
死体はガスで、水に浮いていた。
ガスの排出によって、死体は沖合に出ようとしていた。
ハンクは、死体に乗って沖合へと向かった。
劇の内容を真に受けたメニーは、自分の愛するサラがいるハンクの故郷へ帰る意志をより強くした。
そこも無人島である
無人島に流れ着いたハンクは絶望から自死
ハンクは死体と共に洞窟で眠りについた。
ハンクは人工呼吸による蘇生を試みたが、失敗
そのペニスが方位磁針の役割を果たせることに気が付いた。
メニーは生前の記憶を全てなくしていたため、ハンクは彼に様々なことを教えてあげた。
SNSの投稿を通して、ハンクはサラが既婚者であることを知っていた
熊に襲われるという絶体絶命の危機を乗り切った2人は、遂に故郷へと辿り着いた。
しメニーの態度はハンクを苛立たせる
ハンクの故郷へと向かう道中、ハンクはメニーに食べることや映画館に行くことの喜びを語った。
死体は英語を話し始め、自らをメニーと名乗った。
植物やゴミを利用して、ハンクは即興劇をやった。
メニーがサラという名前の女性と恋に落ちるというもの
彼は浜辺に打ち上げられていた死体を発見
ハンクはサラとバス停で毎日顔を合わせていたのだが、1回も会話したことがなかった。
彼女を隠し撮りして、その写真を自分の携帯電話の待ち受け画面にすることはできた。

登場人物

ハンク・トンプソン – ポール・ダノ
メニー – ダニエル・ラドクリフ
サラ・ジョンソン – メアリー・エリザベス・ウィンステッド
プレストン – ティモシー・ユーリック
リポーター – マリカ・キャスティール
ハンクの父親 – リチャード・グロス
クリッシー – アントニア・リベロ
警察官 – アーロン・マーシャル
カメラマン – アンディ・ハル
検視官 – シェーン・カルース

作品情報

タイトル:スイス・アーミー・マン
原題:SWISS ARMY MAN
製作年度:2016年
上映時間:97分
製作国:スウェーデン、アメリカ
ジャンル:コメディ、アドベンチャー
監督:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン
製作総指揮:ギデオン・タドモア、ジム・カウフマン、ウィリアム・オルソン
脚本:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン
音楽:アンディ・ハル、ロバート・マクダウェル

コメント